FC2ブログ
07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

スポンサーサイト

--/--/--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
--:-- スポンサー広告

「お願い」。

2011/03/22
 今回の東北・関東大地震震災に関して、このblogの趣旨とは違いますが
ご理解を頂きたいと思い書かせて頂きます。

今回の震災において、計り知れない数の尊い命が奪われ、沢山の人々が傷つき、被災した事か。
毎日、新聞の写真や記事を見ては胸が詰まり、涙せずにはいられません。お見舞いを申し上げると共に、
どうぞ「無念の魂達に、もう一度この地に生まれたい」と思わせる一日も早い再建を願っております。

地震時はたまたま、幼稚園のお迎え時刻で偶然にも公園に居り、立っていられない程の揺れに、ただただやり過ごすだけで精一杯でしたが、怪我もなく無事でした。
その後、家で見たTVの報道に目を疑い「これが今、日本で起こっている事だろうか」と、現状把握する事で頭が一杯でした。
状況も刻一刻と変化する中、避難された方達の報道も。
そんな中、一つの考えが。
息子は重度の食物アレルギーがあります。今回のように被災した場合、どうなるのかと。焦りました。

息子の為の食料を確保しなければ!

でも、直ぐに思いとどまりました。
被災した子供の中に食物アレルギーの子供もいるだろうと思ったからです。実際いますよね。
地震や津波から逃れられたとして、その後餓死なんて事になったら・・・。

数日すると、炊き出しや配給の映像が流れ始めました。つい、食い入るように見てしまいましたが、どれをとっても息子が満足に食べられる物は無さそうでした。
数少ない配給に「食べられない」は通用するのでしょうか?
「我儘だ」「好き嫌い言うな」という無理解が怖い。
吐いても、腹痛を起こしても、アナフィラキシーショックを起こしても、腹を満たす為に、生きる為に食べなくてはいけないのか・・・。

今日の新聞に、「被災した、環境の変化に苦手な自閉症児の話」が載っていました。パニックを起こし、皆の迷惑になるから避難所の体育館ではなく、1週間車中で生活していると。事情を知る方達の助けがあり、食事には不自由は無いが誰もが理解してくれるとは限らない。迷惑はかけられない。そして見通しは立っていないと。

涙が出ました。

「みんな違ってみんな良い」は理解されても
「みんな一緒で一人違う」は理解され難い。

どうかどうか
「我儘ではなく障害の特性」と理解してください。
共同生活におけるルールや暗黙の了解、従う事の難しさを。

いろいろな方々とぶつかりながらも、
理解していただく努力をし、助けていただきながら
感謝の気持ちを忘れなければきっと道は拓けてくる。そう信じています。


私は今回微力ながら、アレルギー性疾患を持つ子供の為のネットワークに寄付し、災害地へのアレルギー対応救援物資の要請に応えられるようにしました。
既に被災地へ何度か対応物資が届いてるとの事。
同じ疾患を持つ子供の母親だから出来る事を。

私にはこのようにお伝えする事しか出来る事はないのですが、どうかこの機会にご理解頂けたら幸いです。

毎晩のように続く余震に、クウクウと眠る息子の寝顔を見ては、不安を感じずにはいられませんが、
どうか一日も早く全ての人々が平穏な日々を送れますように願っております。


読んで頂きありがとうございました。
web拍手 by FC2
スポンサーサイト
15:13 その他 | コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。